nzzkn不定期memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 【聴2009-77】大阪シンフォニッククワイア/5月にロシアを歌う@京都コンサートホール(大)

<<   作成日時 : 2009/05/05 14:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2009/5/5(火)14:00@京都コンサートホール(大)




          
リムスキー=コルサコフ:歌劇『五月の夜』序曲
ボロディン:歌劇『イーゴリ公』より『ダッタン人の踊り』
スクリャービン:交響曲第1番ホ短調OP.26

指揮:湯浅卓雄さん
テノール福井敬さん
メゾソプラノ永井和子さん
京都市交響楽団

入場料(前売:税込)
S席 4,500円(指定席)
A席 3,000円(当日座席指定)
当日券は各500円増

京響定演のスクリャービン第2交響曲が聴けなかったのを悔しがっていたら、団員の三瀬由起子さんに「1番もやりますよ」と教えていただき、ホールに寄ってA席買いました。今回は合唱団「大阪シンフォニッククワイア」主催。

定演に京響を頼む合唱団というと、以前は専ら京都混声だったようですが、今回は大阪シンフォニッククワイア。わざわざ京都市北部までご来演。しかもロシア曲。

第1交響曲がわが国でナマで聴ける機会はそうないでしょう。アシュケ時代のN響がやったかも。
Op.26ですから、後期のヘンなスクリャービンではなく、概ねロマン派の範疇です。躍動感を高める付点リズムの使いかたが上手いです・・・エチュードOp.2-1も、Op.8-12も、ソナタ第3番も、付点リズムで生命を与えられている曲ですね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【聴2009-77】大阪シンフォニッククワイア/5月にロシアを歌う@京都コンサートホール(大) nzzkn不定期memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる