nzzkn不定期memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 【聴2008-192●いずみホール訪問?回目】クラブファンタジーの夕べ

<<   作成日時 : 2008/11/05 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/5(水)19:00@いずみホール
\4,000(当日指定)






クラブファンタジーって、空想科学愛好会ではありませんよ。

私の応援しているアーティストさんたちにもご出身者の多い神戸女学院大学音楽学部の、同窓会の名称です。
5組9名のジョイント。

定刻退勤を狙っていましたが甘かった。定刻を少し回り、そろそろ会議を中途脱出しようと頃合いを見計らっていたら、ラストに、今後のためには聞きのがせないトピックが登場し、半ば真剣に、半ば苛立ちながら、ラストまでいました。
定刻55分後に飛び出し、タクシーで三条駅へ。18:23特急乗車。19:07京橋下車。19:20いずみホールに入りました。
ロビーアテンダント姿のよぅお似合いのマイミクさん発見! 非番の日に同席してくれはったかたです。


1.フルート田中裕絵さん&ピアノ中村友美(ゆみ)さん聴けず。
タファネル:ミニヨン・ファンタジー


2.ヴァイオリン板谷真以子さん&ピアノ森玉美穂さん・・・ロビーのテレビで。
ストラヴィンスキー:イタリア組曲


3.2台ピアノ増永智子さん&松川峰子さん
H-33席で聴けました。途中からでも来て良かったです。客席エリアを前後に分ける通路のすぐ後ろで、見通しわりと良いです。セコンド側(オケパート?)に松川さん。譜めくりは... 愛ちゃん!昨秋、波打ち際の美術館以来、聴けてないのでは?


大澤壽人:ピアノ協奏曲第1番〜第2&3楽章(1933)
のちに神戸女学院で教え、教授在任中に急逝された大澤さんが、留学先のボストン大学に提出された卒業作品だそうです。この2台ピアノ版は、ことによると今宵が国内初演の可能性があるそうです。

日本音階も潜んでいるらしいですが、西洋近代和声が前面に出た曲です。場面場面に独自の香りが感じられます。何回か聴いて把握したい曲です。

[Pause]
4.中村美生子さん
シューマン:カルナヴァル
一昨日フェニックスで山崎雅世さんの歯切れ良い演奏を聴いた記憶もナマナマしいうちに再聴できるとは幸運。どちらの回も集中が持ちました。
中村さんは即興性を重んじた表情豊かな演奏をされます。弱音の所はとことん弱音を追究されるので、聴き手は惹き込まれます。音はずし&不発は若干あったかも。


5.ソプラノ西順子さん&ピアノ:アントン・イッレンベルガー
(1)マノン〜
(2)ルチア〜
(3)ヴェルディ:椿姫より
堀音から神戸女学院大学に、さらにトロッシンゲン音楽大学に進まれ、フライブルク市立歌劇場専属になられて20年以上。その歌劇場の指揮者さんを、ピアニストとして連れてこられたのに驚きました。
「これぞオペラ」と思わせる、表情が大きく、ヴィブラートも大きく、ドラマ性も大きい歌唱。首振って声を飛ばさはりますが、説得力があります。呑まれました。



ロビーで藤渓優子さんにお会いできたおかげで、先輩に当たられる中村美生子さんにお初お目文字叶いました。

西順子さんとも少しお話しできました。

ロビーに戻ると、増永さん松川さんデュオにもお目文字叶いました。初夏みつなかホール以来かなぁ。

松下IMP1階「そじ坊」で小海老天ぶっかけ蕎麦と色飯のセットに、梅サワーを飲食してほっこりしていたら、京橋22:06快速特急になってしまいました。中書島まで止まらないので、わりと乗る人少なく、乗ってからアナウンス聞いて下りる人もあり。京都市内まで帰る人には嬉しい設定。

出町柳22:57下車。所持金80円也では、タクシー代を家内に貰って出て来んならんのが煩わし。
スルットとトラフィカならあります。京都バスは既にないので、高野川と鴨川を徒歩で(ザブザブでなく河合橋と出町橋ですけど)渡って、23:15市バス205番に乗車。
23:40帰宅。ふぅっ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【聴2008-192●いずみホール訪問?回目】クラブファンタジーの夕べ nzzkn不定期memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる