nzzkn不定期memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 【聴2008-102】神戸女学院大学音楽学部サマーコンサート

<<   作成日時 : 2008/06/24 18:45   >>

トラックバック 0 / コメント 3

2008/6/24(火)18:45@伊丹アイフォニックホール(阪急伊丹駅北に3分)
入場無料













裏番組のジョイント@アルティも気になりましたが、そちらは家内が行きました:
「今, 飛躍の時, 新進演奏家の夕べ」by オフィス池山
ピアノソロ:堀田紗礼さん(家内が母上を存じ上げているそうで...)
ソプラノ:小梶史絵さん&ピアノ:松田千夏さん


図らずも、こんにゃく座のあとハシゴになってしまいました。

16:40密かに退勤したのに、買い物に手間取り、地下鉄丸太町17:00をのがし、17:06にしたところ、阪急烏丸17:10のがし17:20でした。十三18:06。塚口18:19。伊丹18:25下車。アイフォニック18:35着席。

伊丹アイフォニック初訪問です。ステージ前端がカーブしていて、客席の勾配が大きく、見晴らし良好です。

神戸女学院大学音楽学部オーケストラ
指揮:中村健さん/辻井淳さん

1.廣瀬量平:フルートオーケストラのための『マリン・シティー』
フルート19人からなるフルートオーケストラ conducted by 中村健さん。
アルトとバスが2人ずつ。何とも涼しい響きが快適。しかも、けっこう深い表現が可能なんですね。フルートの教授・西田直孝さんは指揮に登場されないのかな。
ここ数日の聴きものにフルート多いです:金曜はユキさんの木五、土曜はtotoroさんの木製フルート、日曜はMuse Chat。


2.ハイドン:交響曲第104番二長調『ロンドン』
conducted by 辻井淳さん。意外と長身のかたです。手の位置も高い。
ザクザクの弦の音が爽快です。
バスーンに心理学の1回生のかたが入ってはるようです。

第1楽章
イントロに、やっぱり「さくらさくら」潜んでました。このd-mollから主部のD-durの雰囲気が何か知ってる曲に似てる気がして、土曜にリサーチしたら、モーツァルト「魔笛」からの影響が指摘されていました。そぅ、ハイドンはモーツァルトより24年早く生まれ、18年遅く没したのです。「ザロモン・セット」が書かれたのはモーツァルトの没後です。

第2楽章
途中の不思議な反進行にハイドンの斬新性が潜んでいます。ヴァイオリンとチェロの音符がクラッシュ。

第3楽章
総休止のあとの出に、時々「ためらい傷」生じてました。出を他人まかせにしない積極性は大切なので、リハがもう少し多ければ解決可能でしょう。

第4楽章
流れに身を任せて楽しく聴けました。


3.チャイコフスキー:歌劇『ジャンヌ・ダルク』より“さらば森よ”
メゾソプラノ谷田奈央さんは長身の美しいかた。気合い入った金粉入りメイク。
ロシア語で書かれた「オルレアンの少女」を、パリ上演用にフランス語化した曲だそうです。
打ち震える情熱が漲ったお声とオケの音にゾクゾクしました。


4.トーマ:歌劇『ハムレット』より“遊びの仲間に入れて下さい”
ソプラノ周防彩子さんは、よく客席でお見かけしたお顔。歌姫さまでいらっしゃいましたか。ピアノの赤澤佐智子さんによぅ似てはる気がします。
「狂乱の場」の名曲の一つ。激しい感情を秘めたお見事な歌唱。


5.ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 Op.18
Pソロ三浦夏実さん、初拝聴にて応援決定。申し分ない強さ・速さ・情感の盛り上げ。
テンポが自在に変動する曲なので、オケの「溜め」にソロがシンクロするのが非常に困難みたいです。私見ではオケ側がシンクロしていくほうが良い気がしますが「どうやって?」と云われると困ります。
この曲のナマ聴きはたぶん4回目ですが、シンクロがピッタリだったのは、
昨夏聴いた
●中野慶理さん/同志社女子大オケ

その直後に聴いた
●真隅政大さん/京都市芸大オケ
でした。

とてもバラバラだったのは、2004年秋に聴いた
●伊藤勝さん/フェッラーラさん指揮センチュリー響
でした。これはチケットが6千円だったのも覚えています。忙しいプロどうしの場合にリスクが潜むかも。

ホルン、クラリネットの活躍が印象的でした。終楽章ではティンパニ、シンバルもデリケートな動きで聴かせます。


[encore]
シベリウス:カレリア組曲〜行進曲ふうに
好きな曲です。うれし。


夏実さんお初お目文字。ストレートな鼻筋がお美しい。ベクテレフさん・山上明美さん・青年ピアニストさんと並んで写ってくださいました。
あとでお聞きすると青年は岡田将さんで、女学院に講師にお見えだそうです。芥川、伊福部、プロコフィエフの演奏を衛星2で拝見しました。

ちひろさん&母上とお会いしました。SAKIさんとは次の機会に。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
改めて有難うございます。
そうですね、周防チャン柔らかい雰囲気が、
赤澤先輩に似ていますね。♪
岡田先生の戦争ソナタ圧巻!!
三浦
2008/07/01 00:07
三浦さま>
コメントありがとうございます。
これを機に、アマオケやプロオケと協演されるのを楽しみにしています。

9/6(土)ジョイントは晩なのでどうにか都合つけたく思います。
12/23(火)リサイタルは、直前まで都合不明ですが、成功をお祈りします。

師事関係を拝見すると、服部愛さんと共通していらっしゃいますね。「クライスコスモス」のジョイントにもいずれ登場されるでしょうか。
nzzkn
2008/07/03 17:53
はい。リサイタルに向けて頑張ります。
服部先輩は女学院生の憧れ的存在でした。
今年卒業したばかりなので、クライスコスモスのジョイントは
まだわかりません…
三浦
2008/07/03 23:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
【聴2008-102】神戸女学院大学音楽学部サマーコンサート nzzkn不定期memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる