nzzkn不定期memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 【聴2008-86】宮貴子さん(ピアノ)リサイタル@イシハラホール

<<   作成日時 : 2008/05/31 18:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2008/5/31(土)18:30
\4,000

茨木市きらめきホールで年10回無料のコンサートを開催しておられる演奏家グループNova Musikerを代表して、毎回の演奏者の手配、時には急遽穴埋め演奏もされます。
昨年5/5(土)の同会ではベートーヴェンのソナタ26番「告別」を弾かれました。

ぜひ行こうと思っていたところへ、招待状をお送りいただきました。
2校合同練習付き添いのあと、京阪三条17:05特急乗車。イシハラホール18:15着。
漆黒の木部に赤クッションを配した客席。木の響きが心地よく、足元もゆったりしています(他には阿倍野区民ホールもゆったりです)。これほどの豪華空間を建造して音楽文化に貢献してきた石原産業が、フェロシルトで下手を打ったのが主原因で、ホール経営から撤退を予定しているというのは残念の極みです。
アルティや神戸文化ホール等は「エコノミークラス症候群」が心配になる前後幅が嫌い。
京都市北文化会館や茨木市きらめきホールは、アリーナ兼用の電動収納客席のため鉄板がビンビン云うのが嫌い。



デビューから約20年、巨匠ニキータ・マガロフやヴラド・ペルルミュテールのレッスンも受けてこられた宮貴子さんらしい、スケールの大きな曲を含む意欲的なプログラム。実はあるかた(ある筋?)からのリクエストだそうです。

1.ベートーヴェン:ピアノソナタ第28番イ長調 作品101
スタインウェイにしては響きが深くて好感。
しぶとい第2&4楽章を支えるに十分なスタミナ。推進力も十分です。

2.メンデルスゾーン:厳格な変奏曲ニ短調 作品54

[pause]
3.シューマン:クライスレリアーナ 作品16
音で綴った懸想文(けそうぶみ)。

4.リスト:なぐさめ第3番 変ニ長調

5.同   :「詩的にして宗教的な調べ」より「葬送」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【聴2008-86】宮貴子さん(ピアノ)リサイタル@イシハラホール nzzkn不定期memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる