nzzkn不定期memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 【聴2008-34】茨木市市制60周年記念 第9回クリエイティブコンサート@茨木市クリエイトセンター

<<   作成日時 : 2008/02/24 14:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2008/2/24(日)14:00@茨木市クリエイトセンター・センターホール
一般\2,000







宮階郁子さんにチケットお頒けいただきました。

阪急茨木市13:06下車。
プラットフォーム下の「ニューミュンヘン」再訪問。ランチタイム20食限定の「弁当」\800 が充実。

13:45クリエイトセンター着。

司会:真田清美さん
はじけたコスチュームで頑張っておられました。
ピアノは飾り金文字でKawaiと書かれたフルコン。

1.柿本真理子さん(ピアノ・ソロ)
リスト:「慰め」6の小品集より1&2番ホ長調
     2つの伝説より「波を渡るパオラの聖フランチェスコ」ホ長調

2.尾崎百合子さん(ソプラノ)/大西陽子さん(ピアノ)
(1)ドヴォルジャーク:「ルサルカ」〜白銀の月よ
ドイツ語歌唱みたいでした。
(2)プッチーニ:「トスカ」〜歌に生き愛に生き
(3)プッチーニ:「ジャンニ・スキッキ」〜私のお父さん
 
3.宮階郁子さん(ピアノ・ソロ)
(1)石黒晶さん:Code for Flowers
第1曲 かすみ草
#3つでDを主音にしたリディア(?)旋法に聞こえましたが、外れかなぁ。ニューエイジミュージックふうの美しい曲でした。
第2曲 月下香
こちらはスクリャービンの「焔に向かいて」に似た雰囲気を持つ、惹かれる曲でした。
郁子さんの演奏は曲をよく内在化しておられました。
(2)ガーシュイン:3つのプレリュード
スウィング感、気だるさ、強いビート等の盛り込まれた演奏でした。
カワイからこれだけアメリカっぽいしぶとさをはじき出せる郁子さんはそうとう達人です。

4.アンサンブル・ファミーユ
沖村諭孝さん(バリトン)、沖村朋子さん(フルート)、沖村美耶子さん(ピアノ)、伊藤明弘さん(ギター)
(1)ピアソラ:タンゴの歴史〜第1曲Bordel 1900
魂の込められた、緩急自在の演奏。

(2)モンティ:チャルダーシュ

(3)弘田竜太郎:浜千鳥

(4)中田喜直:早春賦

(5)中田喜直:春のむすめ
1974年「NHKみんなのうた」

(6)平井康三郎:九十九里浜

(7)ビゼー/ボルン:カルメン幻想曲
カルメンっぽい衣裳と射抜く眼差し、すてきでした。

(8)ロジャーズ:サウンド・オブ・ミュージックより

郁子さんに面会した折り、作曲者・石黒晶(さやか)さん(男性です)にもお初お目文字叶いました。東京藝術大学で坂本龍一さんの3年後輩。聴き手のアタマでなく魂に訴える作風に好感を持ちました。


ジャスコで文具買いました。身につけてメモメモに使う手帖コクヨ「ノ-231C」は、コンビニではam・pmしか見あたらず75円ですが、このジャスコの文具売場では60円です。一生使えるだけ買い占めようと思ったのに、2冊しかありませんでした。また来きまぁす。

18:00にこんどうビルに着いたので4階でふめん捜し。
カルメン組曲のオケスコア(日本楽譜)
ボルン編カルメン幻想曲(ランパル校訂版)
ドヴォルジャーク:チェロ協ミニスコア

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログへのコメントありがとうございました。
女学院生徒たちのコンサートにいつもお運びいただいているようで、心より感謝いたします。
これからも彼女たちを励ましてあげて下さい。
どうかよろしくお願いいたします。
ishiguro
2008/02/26 08:33
石黒先生>
ご多忙中コメントいただきありがとうございます。
同志社女子大、京都女子大に音楽・音楽教育系の学科や専攻があるのは、知人を通じて知っていましたが、「女学院さんも音楽学部やってはったんや」と気づいたのは今世紀になってからでした。
ご出身のみなさんの水準の高い演奏を聴かせていただく機会の多さに驚いております。
nzzkn
2008/02/27 12:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
【聴2008-34】茨木市市制60周年記念 第9回クリエイティブコンサート@茨木市クリエイトセンター nzzkn不定期memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる