nzzkn不定期memo

アクセスカウンタ

zoom RSS 【聴2008-14】吉川右希子さん(ピアノ)/山本康寛さん(テノール)&河合珠江さん(ピアノ)@アル

<<   作成日時 : 2008/01/24 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2008/1/24(木)19:00@府民ホールアルティ






18:20仕事場発。極寒の中、徒歩で18:40アルティ着。正面の二重ドアを入ると、暖房効いた別世界。

今回のチケットは、12/8(土)聴覚チャリティコンサートの時にケヴィンさんに回していただきました。同じオフィス池山さん主催の2人ジョイント「新進演奏家の夕べ」シリーズ。


19:00開演。

[ Part 1 ]吉川右希子さん(ピアノ)
1.ブラームス:ピアノ小品Op.118(全6曲)
ニュアンスのこもった演奏。弱音の美しい第2番が有名。

2.ドビュッシー:版画
最近聴く機会の多い曲。1/20(日)ピアジュリでは韓吏花さんも弾かれました。


[ Part 2 ]山本康寛さん(テノール)&河合珠江さん(ピアノ)
1.ロッシーニ:「セミラーミデ」〜あぁ、試練はどこ、どこだ
1曲めで緊張されたか、もっと潤いがほしい気がしました。高いc音はお見事にカバーされましたが、低い声域で輝きが曇るのが惜しい。
5作品ずっと潤い足りなかったら聴き疲れるなぁ、と心配したら、そうはなりませんでした。

2.平田あゆみ:漆工房にて
シリアスな詩に、テンションの高いピアノパート。私には入り込みにくい作品。

3.ヴォルフ=フェラーリ:4つの歌曲
ここからは、私でも身を預けて聴ける、乗りの良い音楽が続きました。じゅうぶん潤った歌唱に転じて本領発揮。

4.ドヴォルジャーク:ジプシーの歌(7曲)
ドイツ語版。雄弁なピアノと相まって、心に届いてくる名唱でした。第4曲が有名な「わが母の教え給いし歌」です。

5.ドニゼッティ:「連隊の娘」〜あぁ友よ!なんと楽しい日!
ラストの1曲はほんとうに晴れ晴れとした表情で歌われ、聴いていて釣り込まれました。応援決定。

ピアノの河合珠江さんは、昨年1/21(日)「新進演奏家の夕べ」@豊中のアクア文化ホールで2曲ソロをされたかたでした。シマノフスキ「変奏曲」は所々しんどそうでしたが、プロコフィエフのソナタ3番は流れの良い快演でした。歌曲伴奏は表情豊かに、巧みに歌手に付けていかれます。応援決定
昨年末12/27にJeugiaさんの梅田ハービスENT店で弾かれた時は、信州旅行中で聴けませんでした。
あのラベンダーのドレス、背が大きくあいていても、暖房完備のアルティなので平気そうでしたが、若干蒼ざめて見えました(余計なお節介)。ロビーコンサート等だったらぜったいくしゃみしてはるところでしょう。何しろ外は雪でしたし。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【聴2008-14】吉川右希子さん(ピアノ)/山本康寛さん(テノール)&河合珠江さん(ピアノ)@アル nzzkn不定期memo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる